最近の若いもんわ...@にしわこ

元UXコンサルタント、現在はBtoBのSaaSと父親業やってます。

2008年南神奈川大会決勝 横浜vs創学館@横浜スタジアム

横浜高校vs横浜創学館@横浜スタジアム

ハマスタに行くのは初めて。
数年に渡り「せきうち」と信じていた関内(かんない)駅に下り立つのも初めて。

噂には聞いていたが横浜高校の人気がハンパない。
山王vs湘北さながらに、「全ての人が横浜高校の勝利を願っている」オーラが球場中に溢れてる。

一塁側埋まりすぎ。

横浜高校側に座ったもんやから、試合前から熱気熱気。

さらに本日は夏の高校野球にふさわしく、快晴&猛暑。
ハマスタは神宮に比べて風通しが悪いみたいで、外よりさらに暑かった・・・。

照りつける日差し。

奥のイスラム教徒みたいな格好してる人が正解っぽい天気やった(笑)。
夜は日焼けの痛みに苛まされる事になりました。
マウンドは軽く40℃くらいあったやろなぁ。

試合開始!

「王者横浜」vs「南神奈川最強打線の創学館」って聞いてたんやけど、
正直、大人と子どもみたいな試合やった・・・・。

だって「あれ?あの子ら創学館?中学生じゃないよね?」って真剣に思うくらい、横浜と創学館のガタイが違うんやもん。
大学で野球やって、ガタイに恵まれた者たちとの如何ともしがたい差を知ってる身としては、試合前から奇跡に賭けさせるのも酷な気がする思いやった。

創学館は準決勝までで横浜を僅かに上回るチーム打率、ってことなんやけど
とてもホームラン打てそうな体格のバッターはおらなんだのよ。

必死に粘ったけど・・・

案の定試合は横綱相撲で進んでいった。
横浜側で思い切り創学館の応援してしもうた。だって東大vs明治とかにシーンがかぶるんやもんよ。

横浜は何か思ったより突き抜けた選手はおらん感じやったけど、チームとしての強さがハンパなかった。勝つために何をすればいいかが全員叩き込まれてる感じ。
「うーっっわ、やらしい!!」って叫びたくなることをひたすらやってくる。

初回1死3塁3番打者からのスクイズはびびった。先制点へのこだわり半端ねぇ
あとショートの送球を捕れんかったファーストが速攻交代させられたんもびびった。選手層どんだけ。

対する創学館は好打のチームらしく、徹底センター返しの「THE・高校野球」。横浜と変わらんくらいのヒット数やったけど、結局勝負を分けたのは長打力やったなぁ。パワー負け。


創学館に一生懸命さ、熱い想いをもらいました。
死ぬほど暑くて熱射病寸前やったけど、やっぱ野球はいいね!