最近の若いもんわ...@ビービット

株式会社ビービットで働くにしわこによる非公式かつ完全に趣味のブログです。

『三国志』by北方謙三が面白い。読み終えたら楽しみが1つ消えちゃう


朝、何か読んでると頭が起動するのです。
小説しか読まないっすけど。

北方謙三: 三国志(全13巻)(あらすじ・感想等):時代小説県歴史小説村  ★★★



最近手を出してハマってたのがこれ。
三国志はKOEIのゲームから入って、小説を読んでみたいとずっと思ってて。

読んでみたら面白いのね。
1人1人のキャラが立ってるのはまさに三国志の醍醐味やけど、いい感じにオリジナルな話が入ってるし、何より英雄が死ぬときの描写が・・・

なんか嫌な予感。え、周瑜死ぬの?


うわ、なんか周瑜が死にそう!


あー!周瑜が死んでしまう!もうちょっと頑張れ!


あれ?もしかしたら周瑜死なないルート?


あー・・・・・・・・



みたいな。
フラグ立ってもすぐ死なないのよね。死ぬって分かってんのにドキドキハラハラ。なみだなみだ。



小説が面白かったせいで、どうしてもやりたくなってKOEI三国志を引っ張り出してみた。
やっぱり劉備でしょ-。

とか言いながらプレイし始めたら、あっという間に4時間経過。

・・・・

・・・・

・・・・

こやつは危険だ。危険過ぎる。。。。

もはや、こんなことをしてる立場ではないのである。

・・・・

だがしかし・・・・・・



ふんぬー!


DVD-ROMを叩き割り、廃棄しました。



捨てるくらいなら受け取ったのに!と思った方。
そんな猶予はありませんでした。これは戦です。

オレは勝った・・・・
さらばKOEI。




もうすぐ社会人6年目。