読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の若いもんわ...@ビービット

株式会社ビービットで働くにしわこによる非公式かつ完全に趣味のブログです。

「はとあみ本舗」さんを応援する ~ビービットKさんのちょっといいお話~

同僚のKくんのちょっといいお話。

Kくんはマンションのベランダに鳩が来て困るので鳩対策ネットを購入しました。
で、そのネットを購入したECサイトが凄い情報量が多くてやる気が伝わってくるサイトだったので、気まぐれでユーザビリティのアドバイスをしたらしいです。

そしたら社長からメールが返ってきて大変感謝されて、社会に貢献した気持ちになったそうな。

f:id:bebit_nisiwako:20140502172320j:plain



以下、Kくんが送ったメール(抜粋)。長いけど、よろしければ。

----------------------------------------------------
はとあみ本舗様の商品は強みも明確ですし、サイトも非常に分かりやすいので、
個人様でやってらっしゃるサイトの中では非常に高いレベルだと感じました。

鳩に関連する情報やベランダに関連する情報など、今後もどんどんコンテンツを
増やしていけば、検索でヒットする確率も上がりますので、後発が力を入れだす
前に、圧倒的なページ数を作ってしまえばほぼ独占状態になると思います。

参考までに、ユーザとしての私の行動履歴をお伝えします。

●庭にはとが来て困る

●「鳩対策」などで検索し、色々なサイトを見るが、結局はネットを張るしか有効な策はないと分かる

●しかしネットを張るには業者に頼むしかなく、非常に高価。見積もりを出したが高すぎて論外

●一旦あきらめて、安価なハト対策グッズなどを試す

●いよいよハトが来るので再度検索する。やはりネットしかないかと思って「ハト対策ネット」と検索する

●どうにか自分で張れないかなあと思う。3万円とかはつらすぎる。

●貴社サイトを見つける

●まずトップで「はとあみ50」「はとあみ20」の振り分けを見る。うちは賃貸なので迷わず20にする。ただし50と20の違いはよく分からない。あとで仕立ての差だとは分かるが、それがどの程度影響するのかは未だに不明(仕立ての価値は伝わりづらいと思います)

●穴を開けずにボンドで取り付けられるというのを見て、自分でもできそうだと思う。さらに、賃貸住宅で現状復帰できるかどうかが気になるが、穴を開けないというのでかなり意向が高まる。
※いかに簡単にとりつけられるかというのがキーになると思います。(業者に頼むべきものだとユーザは思っているため)

●価格を見て、剣山とほぼ同じ位の価格で驚く

●納得すると自分のべランドをはかりに行く。(うちの場合、長方形のネットで問題ないですが、複雑な形のベランダだと少し迷う可能性があります。お電話くださいと案内する方が良いかもしれません)

●価格が分かると、いよいよ申し込もうと思います。しかし、問い合わせのボタンが見つからず少し迷います。

●問い合わせでは、フックの数やバンドの必要有無が分からず、毎回違うページに見に行きます。理想的には、フォーム内でポップアップやjavascriptのレイヤー表示で、ヘルプを表示し、フォームからの離脱を防ぐ方が良いと思います。

●入金方法の場所で、代引き数料が気になりますが、これもなかなか分からず困りました

●注文完了

やはり、業者は不要で自分で取り付けられるというベネフィットがユーザにとって一番刺さると思います。
例えばリスティング広告のタイトルでも「鳩ネットは自分で簡単取り付け」などにすると、有効だと思います。

また、剣山などで対策しようとしているユーザに対しては、その無意味さを提示
すべきです。鳩が剣山の上を歩いている写真を載せるなども有効です。

f:id:bebit_nisiwako:20140502172326j:plain
(※にしわこ注。剣山の上を歩く鳩の写真はこんなの。なるほど笑)

----------------------------------------------------

こんなメールを送ったら、社長様から感謝とともに、熱いメッセージが返ってきたそうです。
みんながハッピー。こういうお話し、いいですよね。

そのうちはとあみ本舗さんのサイトにKくんの「購入者の声」が載るかもですw

鳩よけネット工房 はとあみ本舗

f:id:bebit_nisiwako:20140502172311j:plain


ハト対策はどこも「ネット設置代行料金」をとって儲ける仕組みになっているみたいですが、はとあみ本舗さんの商品は「自分で簡単にできる!」「だから安い!」。

というわけで、便乗応援してみます。
鳩が気になっている方、いらっしゃればぜひどうぞ~。