最近の若いもんわ...@ビービット

株式会社ビービットで働くにしわこによる非公式かつ完全に趣味のブログです。

ネタがないから政治関係っぽい感じの記事の感想

何の脈絡もなく紹介しますよっと。
字ばっかですみません。


政権交代でも思考停止の日本メディア(Newsweek日本版)
フランス人記者さんの記事。
政権交代に関する報道陣の様子から、「日本のメディアは非生産的だ」と書かれています。

個人的には同意。もうちょっと言うと、すごい優秀な層の人たちを高い給料で雇っているのに、世の中を良くする方向に活かしていない、って思います。


三たび「八ツ場」について書く(あらたにす)

とくに目立ったのは、「57年も翻弄されて来た住民がかわいそうだ」という論調である。そういう記事の中には必ずと言ってよいほど、「悔しそうな表情を見せた」「怒りをあらわにした」「戸惑い(または、いらだち)を隠せない」「語気を強めた」「憮然とした表情」といった、情緒的かつ常套句的な表現が見受けられた。そう見るのは、記者の主観なのではないか、と同じ物書きの私は思う。

マスコミの「とりあえず人情っぽく」的な書き方は大嫌いです。扇動じゃない?
住民がかわいそう、は正しいとして、じゃあダムどうすべきなの?って話は書かれてなかったりする。
フランス人に「見解がない、ジャーナリズムじゃない」と言われても仕方ないです。

なんでどうして、こんなことになるのか不思議で仕方ない。
知り合いの記者さんたちは、ちゃんと自分たちの見解を持っているのになぁ。


成田空港の「暗黙の約束」を破る政権交代(BLOGOS)

成田空港には30年以上の闘争の歴史があるため、羽田の国際化はタブーになってきた。しかしこうした過去の経緯は、羽田の国際化をやめても取り戻すことのできないサンクコスト(埋没費用)であり、忘れるべきなのだ。

ふつーに冷静に考えて成田空港、不便ですもんね。
政治って、なーんで株式の損切りできずに失敗する人と同じ発想になってしまうのかしら。


生活保護の本当の問題(俺の邪悪なメモ)

だからぼくは、後期高齢者医療制度のような仕組みは絶対に必要だと思うし、廃止するなら、もっと極端な制度を新設するべきだと思う。一定以上の資産や収入がある高齢者には、現役世代以上の負担をお願いするべきなのだ。

格差格差って言ってるけど、生活保護対象者は半分以上が高齢者で、その割合は増える一方なのだというお話。
なぞに「生活保護があるから働いたら負け」とか「不正受給の温床だから生活保護なんて・・・」みたいな話が出回ったりするから、マスコミさんも色々報道して欲しいところ。基本、高齢者に不利っぽい話って報道されないよね。

ちなみにこの記事の「今の歪んだ社会作ったのも高齢者なんだから、高齢者同士で負担し合ってくだださい」って論調は同意しないけどね。我々若者は恩恵に預かっている部分の方がずっと大きいはず。


"仕事より人が多い"ということ(Chikirinの日記)

簡単に言えば今の日本には「仕事より人の方が10%以上多い」状態だ。

一瞬信じられないけど、そういうこと。

日本にも"第三次産業で、国際競争力のある新産業"が不可欠なのは論を待たない。世界まれに見る高齢化社会が進展していて、社会構造がこれだけ大きく変わろうとしているのに、新しい産業の一つも生み出せないなんてどういうこと?って感じだ。

いや本当その通りですよ。
新しい産業を作っていくしかないんですよ。歴史的に見ても、あらゆる経済危機はそうやって乗り越えられてきた。(もちろん戦争で一回まっさらに・・・というのもありました)

国に新興産業支援をってのもありますけど、人の意識がそういう方向にいかないとですね。大学でも小学校でもいいけど、そういう教育してくんないかなー

てか結局、ベンチャー企業はいいよ、みたいな話になってしまったからこのへんで。