最近の若いもんわ...@ビービット

株式会社ビービットで働くにしわこによる非公式かつ完全に趣味のブログです。

『台北カフェストーリー』レビュー。毎週ドラマ放送してくれないかな?

f:id:bebit_nisiwako:20140502153926j:plain


週末に『台北カフェストーリー』という映画を観てきました。

台北カフェ・ストーリー | 台湾映画 ★★★★☆

ドンパチと人かエイリアンと殺し合いするだけ、とか、3D映像がすごいだけ、とかの映画は好きじゃないので、いつも流行に乗っかりづらくて困るのです。

この映画は社内で誰かが「観たい!」と言っていたのですが、調べて見たら面白そうだったので行ってきました。

f:id:bebit_nisiwako:20140502153924j:plain

いやー、かわいい。
(正直すぎる感想)

ストーリーはカフェをオープンした姉妹のドタバタ、ほっこり、な物語。
ひょんなことから物々交換を始めることになり、その物々交換をきっかけに、
様々な人の価値観や物語に触れて姉妹(特に姉)の心が変化していく。

完全に第三者としてのナレーションや街頭インタビューが入っている演出が
面白い。好きですね。

f:id:bebit_nisiwako:20140502153930j:plain



自由奔放な妹がかわいいんですよ。

ルックスがかわいいってのももちろん、何か年下の従姉妹とか、手のかかる後輩とか
そういう愛らしさが満載。

f:id:bebit_nisiwako:20140502153927j:plain


ちょっと笑えるシーンもたくさん含まれていて、映画館はしばしば笑いに包まれます。
ちょっとした言い回しとかで楽しい気分にさせてくれる、上品な映画。

映画全体を通して、アート。とても綺麗です。
姉の描く絵がめっちゃ上手かったり、カフェ自体がすごくオシャレだったり、、、


若干のネタばれですが、一番好きなのはお姉さんの心が変化していくところ。
自由に育った妹とは対照的に、マジメに勉強を重ねてきたお姉さん。
最初は奔放な妹にぷりぷり腹を立ててばかりいるのですが、
最後には彼女のこれまでの人生観からは考えられない、大きな決断をします。

そんな彼女の生き様に、憧れ、共感を抱くこと間違いなし!
原題が『第36個故事』である理由もそこで明らかになります。

f:id:bebit_nisiwako:20140502153929j:plain


Cinem@rt- シネマート六本木 | 映画館

そんなわけで褒めちぎりました『台北カフェストーリー』は、六本木シネマートでのみ
上映中です。(そのうち全国のカフェとかで上映されるらしい)

シネマートは駅から六本木ヒルズと反対側の、少し入り組んだところにある小さい
映画館。ややマニアックなラインナップが揃っています。

公開初日の、13時50分という一番混んでそうな時間帯の、上映15分前に行ったの
ですが、普通に2人並んで座れました。

穴場?

ご興味ある方はぜひ行ってみてください。