読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の若いもんわ...@ビービット

株式会社ビービットで働くにしわこによる非公式かつ完全に趣味のブログです。

はてな近藤社長を迎えて鍋パ・・・いや、お勉強会

f:id:bebit_nisiwako:20131103215620j:plain

 
はてなの近藤社長
と言えば!(はてな近藤社長(Wiki)

はてなダイアリー、はてなブックマークなどを世に送り出した
ネット業界では偉人のひとり(?)

いかにも天才って感じの方かと思ってましたけど、

めちゃくちゃ気さくで、そしてやっぱり熱い方でした。

f:id:bebit_nisiwako:20131103215623j:plain


オフィスの端っこで、まじめな雰囲気・・・・

これはマジメで熱いディスカッションが・・・・・・・・・・・・


と思いきや。

f:id:bebit_nisiwako:20131103215619j:plain

鍋、ですね。社内ですが。

社内で近藤さんと鍋を囲んだら、溶け込みすぎて一瞬どこに近藤さんがいらっしゃるか分からん写真になっておりますね。。

f:id:bebit_nisiwako:20131103215847j:plain


鍋パーティーがメインではなくて、その前に、
近藤さんに登壇いただいて、毎週開催のビービットスクール拡大版

創業秘話から、失敗談、サービスにかける思いまで、色々なお話を聞かせてもらいました。

f:id:bebit_nisiwako:20131103215622j:plain

めちゃくちゃ面白かったから、久々にノートにがりがりメモを取ってしまった。

実はさかのぼること2ヶ月前、ビービットに近藤さんwithはてな社員さんたちをお招きして、はてなのサービスを題材にユーザ行動観察調査をやったんですね。

そのお返しに、という形で社長自ら登壇を了承して下さいました。



「ここだけの話」が多かったのであまり書けないですけど、心に残った言葉が多かったなぁ。



色々なサービスをリリースするが成功確率はいくら頑張っても3割程度。ただ、成功したものは「これがあればあの人は絶対に使ってくれる!」という思いがあったもの。逆に流行りそう、(自分たちが)面白そう、と思って始めたものは失敗が多い。


WEBサービスを作り続けるってどういうこと?というのを改めて考えた。
自己表現のためでなく、人のためにやっている。人の喜びを自分の喜びに変える素質がある人にしかできないと思う。
使ってくれた人が喜んでくれるのが嬉しい。世の中に無いもの、未来を作る仕事。
人類の進歩、人がちょっと前に進むことに貢献できたら、そんな幸せなことはない。


ビービットでやったユーザ行動観察調査がきっかけで、
はてな様社内でペーパープロトタイピングなど、簡易的にユーザ調査をするのが流行り出しているそうです。

それも凄く印象的で、嬉しいお話でした。