読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近の若いもんわ...@ビービット

株式会社ビービットで働くにしわこによる非公式かつ完全に趣味のブログです。

『しあわせのパン』レビュー。美しい色彩と心模様に癒やされる

週末にTSUTAYAで借りて映画を見ました。

映画『しあわせのパン』公式サイト ★★★★☆

今まで見た映画の中でも相当上位に入る癒やし系映画でした。

f:id:bebit_nisiwako:20131103220229j:plain

北海道、洞爺湖のほとりにある宿も兼ねたパン屋さんが舞台。
パンが美味しそうったらなんの。

パンが食べたくなります。なぜか胃袋から掴まれる感じです(笑)

f:id:bebit_nisiwako:20131103220029j:plain

夫婦で営むパン屋さん。
地元の人たちに愛されるパン屋さんなんですが、小さな宿も兼ねているため
いろんな人が訪れます。

みんなそれぞれの悩みを抱えていて、
愛情に溢れた夫婦との触れ合いの中で、人生を見つめ直すきっかけを得ます。


f:id:bebit_nisiwako:20131103220027j:plain
ストーリーはネタばれなので、あまり書かないんですが、
この映画が特徴が2つ。

1つ目はとにかく画(と書いて絵と読む)が綺麗なこと。


北海道の美しい風景。
この映画では雄大さよりも、彩りが強調されています。

お料理、その材料なんかも色とりどりで、目を楽しませてくれます。
夫婦の服装も大人しいけれどとてもおしゃれ。

f:id:bebit_nisiwako:20131103220024j:plain


2つ目は会話が少なめであること。
あの大泉洋さんが、違和感を覚えるほどしゃべりません(笑)

会話がないのに、登場人物の心情がしっかりと描かれている。
つらい、悲しい思いを背負っている人たちも、パン屋さんに集う人たちと触れ合ったり、愛情溢れる料理を楽しんだりする中で、変わっていきます。

笑わせるところは意外に少なく、全編しっとり流れます。
涙腺弱めの人は崩壊します。号泣注意。

f:id:bebit_nisiwako:20131103220026j:plain
なんといっても、夫婦がステキなんですよね。
この写真を見て「ステキ」と思うひとなら絶対、あー、こんな夫婦になりたい!となるはず。

少し物憂げ、でも愛情に溢れた奥さん。
優しくて、静かだけれども頼れる旦那さん。

勢いで北海道に引っ越す人が出そうです。
都会の喧噪に嫌気がさした!なんて気分の時に見るのは危険です(笑)


またもう1回観たいですねー。ロードショーしてくれたら絶対録画する。